知ってましたか?信用取引の種類とメリット

信用取引は2種類存在するんです

信用取引はどれも同じだと思っていませんか?実は返済期限が設けられているタイプとそうでないタイプの2種類存在するんです。期限があるタイプは制度信用取引と呼ばれていて、信用売りと買いの両方出来ることが特徴。ただし銘柄の種類は限られており、証券会社によってその種類が違うので要注意。金利は全般的に高めなので、ホールドしすぎると思わぬ金利負担が発生することも。もうひとつは一般信用取引と呼ばれていて、ほぼ全ての銘柄が対象となっています。制度側のように空売りすることが出来ないので気を付けましょう。

約3倍までの取引が出来てしまうんです

投資初心者はまず現物取引から始めるもの。たとえば口座に50万円を入金したら50万円までの株式しか買えません。ですが信用取引では口座に入れたお金の3倍までの取引が出来てしまうんですよ。たとえば、100万円を口座に入れている場合、約300万円相当までの銘柄が買えてしまうんです。このような取引のことをレバレッジトレードと呼びます。FXでお馴染みですが、FXのように25倍もの倍率を効かせることは不可能です。とはいえ初心者のうちは3倍でもハイリスク。慣れるまでは2倍までに留めておきましょう。

不景気な下落相場でも利益を狙えます

信用取引特有の利点が、空売りを行使できることです。空売りとは信用売りの業界用語のことで、証券会社から借りた株を現在の時価で売却し、後に買い戻して返却する取引を指します。つまり、買い戻すときに株価が下がっていれば利益が出るんですよ。逆に株価が上がっていたら損をしてしまうというわけです。空売りは相場が下がりっぱなしの不景気なときに威力を発揮します。現物取引だけをしている場合は、否応なく様子見するしかない下落相場でも利益を狙えることは大きな魅力。ただし、空売りの損失は理論上無限大です。何故なら下落のリミットは0円ですが、上昇のリミットは無いからです。空売りをする際は、厳しいリスク管理を心がけましょう。

信用取引の魅力は、僅かな資金を大きく増やせる可能性に満ちていることです。当然リスクも高まりますが、高い投資効率は他に換えがたい魅力といえます。