自己破産の申し立てを行う際には弁護士費用の支払いが必要です

弁護士費用は事務所により大きく異なります

自己破産手続きに必要な裁判所へ納める費用は、3万円前後の裁判所が多いですが、陳述書を含めた申し立て書類作成には専門知識と多くの手間がかかるので、弁護士に依頼すると間違いありません。自己破産手続きを依頼する際に必要な弁護士費用は、弁護士事務所により異なり20万円から50万円程度と様々です。債務整理を專門に扱う弁護士事務所ならば、多くの手続きを行っているので1件あたりの弁護士報酬をある程度下げても利益が大きく見込めます。

法テラスという国の制度を利用する方法もあります

多重債務者を救済するために、法テラス経由で自己破産手続きを依頼すると、紹介された弁護士に自己破産手続きを依頼すれば、一定の審査の上で法テラスが弁護士費用を立て替えて分割払いに応じてもらえます。法テラス経由で自己破産を依頼した場合には、国の制度を利用したものとなるので弁護士費用が同じ手続き内容ならば一律になります。その代わり、紹介される弁護士については最大3回の無料相談内で決める必要があるので、実質的に多くの弁護士からは選べません。

相性の良い弁護士を探しましょう

自己破産手続きに慣れた弁護士に依頼すれば、陳述書作成から申し立て書類の完成までが比較的スムーズに行なえます。自己破産を依頼する人にお金が無いことは弁護士もよく分かっているので、分割払いに応じる弁護士事務所も多いです。何より重要となるのは、弁護士と実際に面談してみして相性が良いか話して確認してみることが大切です。話が噛み合わない弁護士に依頼しても、自己破産手続きが手間取る原因となったり、本来は制限しなくても良い事項まで制限するように弁護士から言われてしまうこともあるからです。この弁護士ならば信頼出来ると感じた人に、人生を左右する自己破産手続きは依頼すると良いでしょう。

万が一自己破産してしまった場合は、弁護士に相談すると、今後の生活や諸手続きについてアドバイスがもらえます。