相続を受けることになったら、無理せず税理士に相談するのが吉

税金のプロに依頼するメリット

相続を受けることになったとき付いて回るのが相続税です。普段馴染みがないだけに困ってしまうという人も多いでしょう。そんなときは税理士さんに相談するのが近道です。相続が発生すると、税務署に相続税の申告をしなければなりません。しかしこれが意外に複雑で、揃えなければならないものも多く、素人がやろうとしてもなかなか思うようにいかないというのが現実なのです。税理士にお任せすれば手間は最小限で済み、スムーズに早く済みます。

結果的に損をすることもある

税理士に払うお金がもったいない、できることなら自分で、と頑張るのもいいですが、実は税理士に依頼しなかったせいでかえって出ていくお金が増えてしまうケースがあります。まず相続税そのものが安くなるというケース。相続に慣れている税理士なら、財産の評価額を下げるよう努力してくれるので、結果的に税額が低くなるのです。税理士に依頼せず自分たちで申請を行う場合、怖いのが間違いです。相続税の計算は複雑なので、ミスをすると修正申告の対象になり、余計な税金を課されることもあるのです。

相続税専門の税理士を選ぼう

かといって、税理士に丸投げしておけば安心と言う訳ではありません。納得のいく相続税申告を行うためには、相続税を専門に扱っている税理士に依頼をすることが大切です。税理士の仕事はしばしば医者に例えられます。その人その人によって得意としている分野が違うのです。相続税専門の税理士を見極めたいなら、その税理士の「申告」実績をチェックするのがポイントです。ホームページなどで事前に情報を集めておきましょう。依頼するときの報酬もチェックポイント。あまりに安いところは「安かろう悪かろう」の可能性があるので注意が必要です。

相続税の税理士では、専門的な知識を活かして様々な相談に対応しているため、疑問点や悩みなどを抱えている場合でも気軽に相談できます。