安心してネット上で決済を行いたい場合の対策

クレジットカード決済が不安な方

インターネットショッピングの決済は、クレジットカードによる支払いを用いる所が多いです。理由としては、カード会社に加入する時に審査を受けていますので、一定の信頼があることが考えられます。しかし、カード番号や個人情報をネット上から送信するので、読み取りされないか不安な方もいるでしょう。利用者側でもパソコンやスマートフォンにセキュリティソフトを導入して、情報が漏洩しないよう気配りする必要があります。ショップ側では暗号化通信をして、読み取りができないようになっています。アドレスバーに鍵のマークが出たり、サイトの認証等の説明がされていたりすればほぼ安心です。また、カード番号を記載する時にセキュリティ番号の入力を求められることもありますし、対応しているサイトであれば、インターネットでカードを利用する際に求められるパスワードの設定をすると、より安全に決済できます。

CVSネット決済の利用

クレジットカードのシステムに不安があるのなら、CVSネット決済を利用する方法があります。この決済方法は、コンビニエンスストアの端末のシステムを利用して支払いをすることです。購入した時にCVSネット決済を選択すると、メールで決済用の番号が通知されます。この番号をメモしておき、コンビニエンスストアの店舗に出向いて、店内のマルチメディア端末を操作し、自分の連絡先に指定した電話番号と決済用の番号を入力して払込票の印刷を行います。払込票をレジに持ち込んで現金やクレジットカードで支払いを済ませるのです。店舗によっては、レジで決済番号が入ったメモや、メールに記載のあったサイトに接続して印字した払込票を持ち込むことで、支払いができるようになっているものもあります。ネットワーク上に通知する個人情報が電話番号だけなので、必要最低限の情報だけで済むため、CVSネット決済を好んで利用する方も多いです。手数料無料の場合や、かかっても100円~200円台で済むことがほとんどですので、コストも抑えられます。

インターネットバンキングで振込する方法

セキュリティソフトを導入して、直接インターネットバンキングで支払う方法も便利でしょう。インターネットバンキングでは、振込料金がかなり安く、手数料が100円台のこともありますし、実店舗型の銀行と同じように、ショップ側と利用者側の口座が同じ銀行であれば手数料が無料となることもあります。営業時間外でも銀行サイトやアプリを利用して手続き出来るため、銀行に出向く時間がない方でも利用しやすいです。振込手続きする場合は、ワンタイムパスワードやパスワードを自動生成する機器を利用して行うため、安全性も高いでしょう。

決済代行サービスとは、クレジットカードやコンビニ決済など様々な決済を代行するサービスのことです。多くの決済手段を自力で導入出来ない個人事業主にとって利便性の高いサービスとなっています。