最終的には比較検討が大切!物件別火災保険の選び方

一戸建てにおける火災保険の選び方

築年数を問わない一戸建て住宅特有の問題点として、火災が起きてしまった場合に周囲に燃え広がってしまう可能性があることと、災害リスクが大きいことを挙げられます。つまりこの2点に関する補償が充実しているかどうかが、一戸建てにおける火災保険選びのポイントとなるんですよ。具体的には延焼損害補償と、水災補償の2点が大切。延焼損害補償が充実していれば、自宅の火事が原因でお隣さんに迷惑を掛けてしまった際にしっかりとケアできます。水災補償に加入していれば台風や大雨による浸水被害を受けた際に保険金を受け取れます。自宅周辺の災害リスクがどれほどなのかは、各自治体が提供しているハザードマップで一目瞭然。非常に見やすくなっているので、必ずチェックしておきましょう。

マンションにおける火災保険の選び方

木造がほとんどの一戸建てと違いマンションは鉄筋コンクリート造ですから、火災リスクに対してはそれほど敏感になる必要はありません。ほぼゼロに等しい火災リスクよりも重視したいのが漏水リスク。マンションの老朽化などが原因で大きくなりやすいリスクなので、この点の補償を充実させることがマンションにおける火災保険選びのポイントとなるんです。マンション災害のなかでも飛び抜けて多いのが漏水ですが、その責任の所在をはっきりさせるのは意外と困難。共用部分からの水漏れなのか、自宅配管からの水漏れなのかはっきりさせるための費用を補償する調査オプションを付けることがおすすめです。災害リスクはマンションでは気にすることではないですが、低い層に住んでいるのなら話は別。水災補償を充実させて万が一に備えましょう。

最終的には比較検討が基本となります

火災保険選びにおいては、一戸建てとマンションそれぞれ異なるリスクに合わせることが大切ですが、最終的には保険会社の比較検討が求められるでしょう。何故なら複数の保険商品を比べなければ、相場観が養われず、本当に高いのか安いのかが見えてこないからです。とはいえ各保険代理店などに無料見積りをとって貰うのは面倒ですよね。そんなときに役立つのが、最近注目されている一括見積りサイト。サイトにある入力フォームに記入するだけで、各保険会社からまとめて見積書が届くため非常に便利です。

火災保険とは、万が一火事により、家財や家電が燃えてしまった際、購入するための資金を賄うため、毎月一定額を保険会社に支払うものです。