どう学べば良いの?心理学お勧めの学び方3選

学校に通う事で本格的に学ぶ!

短期大学や大学に通えば専門性の高い心理学を学ぶことが可能です。ただしこの場合は、専攻したい学科のある大学等の受験をパスする必要があります。そのため本格的に心理学を学び将来の職業に役立てたい方や若年層の方にはお勧めできますが、社会人としてのスキルアップを目指している方や趣味として学びたい方にはあまり向いていません。しかし専門性の高い心理学を学ぶためには最も適した方法なので、将来心理カウンセラーになりたい方などにはピッタリでしょう。また、大学等の心理系学部を卒業する事で同時に認定心理士の資格も取得できます。

忙しい方にオススメ!通信教育で学ぶ

心理学を学びたくても社会人や主婦の方などはそう簡単に学校に通うことはできませんよね。そんな場合にお勧めなのが通信教育による学習です。通信教育にも専門的なものから趣味としてのものまで幅広い形がありますが、将来の職業につなげたいのであれば大学が行なっているような専門性の高い通信教育をお勧めします。大学系の通信教育であれば例え認定心理士などの資格取得に必要な学士の学位を持っていない方でも、資格と学位両方を同時に取得する事も可能なんです。成人してから本格的に心理学を学び、将来に生かしたい方には通信教育は特にお勧めの学び方といえるでしょう。

マイペースに独学で学ぶ!

心理学を学ぶといっても将来の職業につなげたい訳ではなく、あくまでも趣味として学びたい方には独学もお勧めです。また、独学といっても最近の大型書店などには心理学の本が豊富に売られていますし、図書館などに行くことが可能ならば多くの本を無料で読む事もできます。強い忍耐力があればそれらを利用することで心理系の資格を取得し仕事にする事も不可能ではありません。その他、まずは自分に適性があるかどうかを確認する為に独学から始めてみるというのも良いのではないでしょうか。

心理学の大学は心理学を学びたい方にはおすすめです。独学でやるという方法もありますが、それでは効率があまりよくありません。