借金が返済できず債務整理を相談した時の事について

最後に頼るのは弁護士しかいない

クレジットカードで5社からお金を借りて、返済できずに滞納している人がいる場合は、最後の頼みとなるのが司法書士や弁護士ではないでしょうか。そこで、最初は無料相談をします。かつては相談もお金を取っていたものの、弁護士が増えすぎて競争相手が多いことから、弁護士の相談料金は無料になったのです。相談が終わり、実際に問題解決に着手しているときに必要なお金を着手金と言います。債務整理ならば4万円ぐらいが普通になります。

どの債務整理を選ぶべきか

債務整理と言ってもいくつか種類があります。一番軽いのは任意整理です。任意整理は今まで過払い金がある場合には過払い金の支払いを請求することができ、これから発生する予定の利息を返還請求することができます。過払い金だけでも50万円を越える人も意外と多いのです。次に、個人再生があります。個人再生とは、定期的な収入があることが必要になりますが、任意整理よりも程度がひどい場合です。債務が5分の1まで減額されます。

最後の手段は自己破産

任意整理でも個人再生でも解決できないことがあります。たとえば、借金の返済はあるのに収入がない場合です。合ったとしてもとても不安定な場合です。この場合には自己破産をすることになります。自己破産をする場合には、債務が全額なくなりますので、借金を踏み倒したのと同じになります。もし、自己破産をする場合には、裁判所の許可を得なければならないため弁護士の腕の見せ所でもあります、4か月後ぐらいにようやく結果が出ます。

万が一の際に頼りになるのが、弁護士です。顧問契約を結ぶのは結構な費用が掛かりますが、弁護士保険という形で、弁護士費用を賄うことが出来ます。